ZAIFトークンを買う理由 | Kuulog
 
 
今話題の厳選アプリランキング
 
女性必見♡厳選アプリランキング
     

ZAIFトークンを買う理由

この記事は約 8 分で読めます。

Zaifトークンって何?仮想通貨?

ZAIFトークンとは、仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社が発行しているトークンのことです。仮想通貨でいうトークンとは新しい貨幣のことで既存のブロックチェーン上で発行されたものです。

どんな仕組み?

スポンサーリンク

Counterparty(カウンターパーティ)というビットコインのブロックチェーンを利用したプラットフォームを使って『ZAIFトークン』という独自のトークンを発行しています。プラットフォームと言えばイーサリアムが一番有名ですが、カウンターパーティはイーサリアムと同じプログラミング言語『Solidity』を導入していてイーサリアム上のスマートコントラクトをビットコインのブロックチェーン上で実行することも可能です。

Point
メリット:ビットコインと同じブロックチェーンなので改ざん不可、安全、透明性がある
デメリット:プルーフオブワークを採用しているので承認時間が10分かかる

どんな特徴があるの?

なんと・・・現状はZaif用のチップとして投げ銭する以外用途の無いトークンです!言ってみれば株式のようなものでテックビューロ社が今後成長していけば価値が出てくるのではないかという期待から購入している方も多いです。私もその1人です。ちなみに海外の取引所の例で同じような独自トークンに色々な機能をもたせているものがあります。

バイナンスコイン

中国大手仮想通貨取引所Binanceの独自トークンとしてBNB(バイナンスコイン)があります。これは取引手数料として利用することによって通常の手数料の半額にすることができるという特徴があります。更に、Binanceでは月に1回投票によって上場する仮想通貨を決めるイベントがあります。そこで投票する為にはこのバイナンスコインが必要になります。

バイナンスについてはこちらから
バイナンスコインの詳細はこちらから

クーコインシェアーズ

第二のBinanceと呼ばれる香港の取引所Kucoinの独自トークンとしてクーコインシェアーズ(KCS)があります。こちらは保有していると毎日配当がもらえたり、保有量が多いと取引手数料の割引があります。



ZAIFトークンは発行後COMSAトークンのセールで利用可能だったこと以外は使い道がないですが、今後上記の取引所独自トークンのような効果が出れば一気に上がるのではないかと期待しています。

今後の計画

テックビューロがZAIFトークンのロックアップ計画

トークンのロックアップ計画について

ZAIFトークンのロックアップ計画

現在、ZAIFトークンはCounterpartyプロトコル上で発行されていますが、Counterparty対応で完全に安定して、かつ容易に使用できるマルチシグのツールが存在しないため、ZAIFトークンをNEMプロトコルへ移行することを計画します。

プロトコル移行には、保有者に提供するためのトークンの変換ツール開発が必須となります。よってトークンの移行には一定のテストや検証が必要となるため、あらかじめ公開監査ができる状態にした上で、以下のスケジュールを以てロックアップ実施を計画します。
•ロックアップ予定数:22.5億ZAIF(発行総数の25%に相当)。
•ロックアップ期間:2018年12月末日まで。
•2017年11月末まで、公開監査できるよう、宣言したアドレスに相当数を移動。
•2018年01月中旬まで、エスクローのマルチシグ署名者を確定。
•2018年01月末まで、NEMプロトコル上のトークンへの変換ツールを提供開始。
•2018年02月中旬まで、ロックアップ分を、NEMプロトコルへ移行
•2018年02月末まで、ロックアップ分を、マルチシグのエスクローアカウントへ移動。

なお、本ロックアップはテックビューロ保有分のZAIFトークンに対して実施されるものであり、すでにトークンを保有する皆様の利用には一切影響がありません。
引用COMSA

まず、テックビューロ株式会社の社長である朝山貴生さんはNEM.io財団の理事も務めています。

ちなみにテックビューロで展開しているプライベートブロックチェーン技術の『mijin』はNEMのブロックチェーン技術を活用しています。mijinが分からない人は下記動画参照。

では、なぜお金をかけてでもNEMプロトコルに移行するのか理由は分かりません。ですが、理由なくこんなことしないですよね?期待で胸が高鳴ります。

スポンサーリンク

社長の朝山さんの新年のあいさつ

引用2018年、テックビューロ代表朝山貴生より新年のご挨拶

実際に2016年のエイプリルフールには、弊社取引所ZaifでZAIFトークンを発行し、それを真っ先に市場流通させましたが、現在では多くの方のご支援を頂いて時価総額150億円前後と立派な仮想通貨の一つとなっております。いわば企業トークンの先駆けと言えます。

ちなみに、利用者に愛称が付けられることがありますが、正しくは取引所が「Zaif」で、トークン名は全て大文字の「ZAIF」と区別しております。

ちなみにZaifとZAIFで区別してるって知ってましたか?私は初めてここで知りました(笑)

次には、手前味噌ではありますがNEMは今年に大きな成長を遂げると考えています。価値の記録、中心となるデジタルアセットとしてのビットコインに対して、コントラクトによる非中央集権化されたアプリケーション基盤となるEthereum。それらに次いで、私はNEMがトークンベースのコントラクト基盤になりうると見ています。NEMのプロトコルは、トークンをベースにそれに必要な最大公約数がプロトコルとして実装されており、同じ結果を求める場合、通常のコントラクトであれば百人百様となり、瑕疵のリスクも高くなりますが、NEMプロトコルでは最小限の工数で簡単にコントラクトが組めるようになります。もうすぐプライベートブロックチェーン製品mijinでCatapultバージョンが一般公開されますから、是非それはそちらでお試し頂きたいところです。

カタパルトバージョンのNEMプロトコルはアトミックスワップが標準的に実装されているとのことで今後このアトミックスワップが実用化されれば取引所などの第三者の仲介なしでトークン同士を交換できるので手数料や時間が大幅に削減できます。
カタパルトについてはこちらから
アトミックスワップについてはこちらから

実は、我々のmijinも、商用ブロックチェーン製品で世界市場を狙っています。2015年9月に世界に先駆けて商用のプライベートブロックチェーン製品mijinを発表して以来、様々な実証実験を発表して参りましたが、表に出ない案件を含め実に300社以上に同製品をご利用頂きました。そしてついには2017年のジビエ協会の実用ケースに始まり、発表を伴わずとも既に数多くの実用ケースが世に出ております。実質的には、弊社製品mijinは、ブロックチェーンの実用では一歩先を進んでいると自負しております。

ZAIFトークンを買った理由としてはテックビューロという企業が色々な可能性を持っているからです。mijinの技術が今後様々な企業で使われればそれに伴い価値も上がっていくはずです。

我々テックビューロでも、昨年12月に実施を予定していたICOが2018年にずれこむことを受け入れざるを得なくなりました。我々は各所から要求されるルールやガイドライン作りにリアルタイムに応えながら、それらICO実施の準備を進めています。すなわち、外部要因にて次々とウェイトが肩にのしかかってきているわけですが、実際にはそれらをしらみつぶしに解決しつつ実施へと向かっておりますので、実質的には今までになく速いスピードで前進しております。

ここで皆様にお詫びせざるを得ない点は、情報の配信や開示についても、それらガイドラインの制定と並行しながら慎重にならざるを得ないということです。そして、ICOを実施するそれらクライアントが上場企業であればなおさらのことです。従うべきルールが既に設定済のものであれば、我々はそれに準拠しつつ情報を配信するということができるわけですが、要求に応じながら制作を継続しているという段階では、なかなか明確な基準がわかりにくく、様々な活動を必要以上に控えざるを得ない、ということになります。

COMSAのICO案件も規制が厳しいようで、いつ開始できるか分からないようですが気長に待ちましょう!

まとめ

ZAIFトークンはまだ1円前後で1トークン買えます(記事を書いてる途中に暴騰中?)

ZAIF取引所は取り扱い通貨の数も多く人気の取引所です。更に取り扱っているプライベートブロックチェーンのmijinにカタパルトが実装すれば需要が更に上がります。その時一気にZAIFトークンも暴騰する可能性があります。今のうちにテックビューロ株式会社に投資してみてはいかがですか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。 下記をクリック頂けると大変励みになります(^^♪
にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村
仮想通貨ランキング

スポンサーリンク

仮想通貨を始めて買うならこちらの取引所Zaif

人気のアルトコインも多数取り扱い、ビットコインの取引手数料-0.01%の日本取引所Zaif アルトコインを買うなら他の取引所では高くなってしまいます。取引所と販売所って知ってましたか?Zaifは販売所形式なので安くアルトコインを買うことが出来ます。更に積立投資も出来るので初心者の方はまずZaifを開設して使ってみましょう。
Zaifの口座開設はこちらから
口座開設方法

初心者卒業おすすめの取引所Binance

手数料が安く取り扱い仮想通貨の数が圧倒的に多い中国大手取引所Binance 国内の取引所よりもより多くのアルトコインを買うことが出来ます。更に手数料が0.1%、Binance独自トークンのバイナンスコインを使えばなんと手数料0.05%で取引できます。専用スマホアプリもあるので使いやすさNO.1取引所の登録はこちらから。まだ使ってないなんてもったいないです。
ブラウザソフトはインターネットエクスプローラーからは繋げないのでグーグルクロームから開きましょう
Binanceの口座開設はこちらから
口座開設方法

多くのアルトコインを取引所で売買可能bitbank

ビットコインの他に、イーサリアム、ライトコイン、リップル、モナーコインなども取引可能 販売所で多くのアルトコインを買えるのはbitbank!セキュリティも強く本格的なビットコインFXも可能です。
bitbankの口座開設はこちらから

アルトコインで本格レバレッジ取引可能DMMBitcoin

7種類の通貨でレバレッジ取引、トレーダーにおすすめの取引所 現物取引はビットコイン、イーサリアム。レバレッジ取引はビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュの計7種類から可能です。レバレッジ手数料を除き様々な手数料が無料でおすすめです。
DMMBitcoinの口座開設はこちらから